「ごめんね」は「ありがとう♡♡」に100%変換で溺愛される



恋愛コンサルタント 栗田さやです




男性は、「ごめんね」をたくさん言われることを嫌がります。



そして「ありがとう」は1日に何度言われても嬉しい♡


僕は女性を幸せにする力があるかっこいい男!


そう思えたときに、幸せを感じるのが男性。


彼女や妻に「ごめんね」を連発されることは

彼女は幸せそうじゃないな⇨僕は男として力不足だな

と、頭の中で変換して


その女性と一緒にい続けることに疲れてしまう。

こんな男性心理を知らなかったわたしは、大学時代付き合っていた彼に、じぶんのアトピーを理由にいつも「ごめんね。」を連発していました。


「デートのとき、いつもご飯和食でごめんね。」

「プールとか海に行けなくてごめんね。」

これはいまならわかるのですが、ものすごく男性を萎えさせる言葉ガーン

いまの夫にも、うっかりと


「昨日の夜、わたしが体をかく音がうるさくてなかなか眠れなかったよね??ごめんね。。」

とか言ってしまうことがあるのですが、

すぐにハッとして、


「でもいつもナオキさんの隣で寝られて幸せなの〜♡このふわふわベッド買ってくれてありがとう〜♡♡」

と、ありがとうに変換!これは

「わたしはあなたの隣ですっごく幸せです!!」

と伝えること♡

言われた夫はいつも、


「そうでしょそうでしょ^^♬」

とニッコニコ♡

妻を幸せにできてきることが、男性としてすごく嬉しいのです^^

「ごめんね」は、自分が言いたい言葉であって、彼が聞きたい言葉ではない

うっかり言いそうになったら、または言ってしまった後は、すべてを彼への「ありがとう」に変換する♡


これがオススメです^^


最後まで読んでいただき、ありがとうございました〜♡